FC2ブログ
Happy Clover 南西 手帳タイプケースの発熱対策?
趣味の写真や日々の事を綴っています
スマホに、手帳タイプのケースを使用している。
20161120_01.jpg

手帳型の一番のメリットは、前面ガラスまで完全に覆って保護されるという、「強烈な保護」。
20161120_02.jpg

手帳型のデメリットとしては、開いた蓋が邪魔になりカメラ撮影が面倒、カバーを開けないと通話できない等がある。
特に問題なのが、全てを覆ってしまうので放熱性に乏しく、長時間使用して端末が熱を持ってしまう。
20161120_03.jpg


発熱が、バッテリーに悪影響を及ぼし、電池の寿命を短くするといわれている。
20161120_04.jpg

少しでも、放熱を期待して、内側ケースの背面を一部、カッターにて、カットして穴をあけた。
20161120_05.jpg 20161120_06.jpg

スマホ装着してみた。iPhoneだと、ちょうどバッテリーの場所に位置する。
20161120_07.jpg 

ケースの裏側に、放熱用の穴を開けたら、より効果が得られると思う。これは、穴をあけたときのイメージ写真である。
20161120_08.jpg

ついでに、他のスマホ用手帳ケースの内側ケース背面も、穴を開けた。
20161120_09.jpg

赤外線放射温度計があれば、ケース内背面の穴の空いた状態と、閉じた状態の、ケース裏の表面温度を測定することで、
効果がどれくらいかわかると思う。 また、ケース内背面の穴に、放熱シールをつけ、スマホと密着させるように装着させると、より放熱効果が得られると思われる。手元に赤外線放射温度計が無いので、比較できず。
スポンサーサイト

【2016/11/20 18:36】 | ブログ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可