FC2ブログ
Happy Clover 南西 ADS-B受信・コリニアアンテナ製作
趣味の写真や日々の事を綴っています
USBのチューナーで、ADS-Bが受信できるとの情報で、さっそく購入した。

ADS-Bとは、航空機が絶えず、現在の位置と高度を放送するシステムで、航空機のカテゴリ情報、対気速度、識別、航空機の旋回、上昇、降下などを、知らせる機能がある。
システムの最大範囲は、通常370km未満で、空中衝突を回避するシステムは将来「ADS-B」を利用する可能性があると思われてます。

いろいろ調べて購入したのは、DVB-T+DAB+FM・R820T。
ADS-B_01.jpg 

付属の受信用アンテナ
ADS-B_02.jpg

ADS-Bは1090MHzを使用している。信号を受信し、ADS-Bデコード送信するソフトウェアと表示ソフトが必要である。

「RTL1090」と
ADS-B_03.jpg
「ADSBscope」を使用した。
ADS-B_04.jpg

さっそく、付属のアンテナを屋上に設置して受信を試みた。
ADS-B_05.jpg

もっと遠くの飛行機を表示させようと、手元にあった、アンテナケーブルを使い、コリニアアンテナを製作した。
ADS-B_06.jpg

両端は10mmムキ出しし、さらに10mmハンダ領域の確保。
ADS-B_07.jpg

シールドの本体部分の長さは、116mm。
ADS-B_08.jpg


10段作成予定なので、10本作成。
ADS-B_09.jpg

一本づつ、ハンダ付けしていく。
ADS-B_10.jpg

ショートしてないか、確認しながら、続け、OKであれば、ビニールテープで巻いて処理する。
ADS-B_11.jpg ADS-B_12.jpg

アンテナのトップには、75Ωがいいのだが、手元にあった、70Ωを付けた。
ADS-B_13.jpg ADS-B_14.jpg


10個ハンダ付け完了。
ADS-B_15.jpg

この状態では、自立できないので、現在使っていない、アマチュア無線のGPアンテナに入れることにした。
ADS-B_16.jpg

アンテナ部分はグラスファイバー製、のこぎりでカット。
ADS-B_17.jpg ADS-B_18.jpg

作成したアンテナを挿入。
ADS-B_19.jpg ADS-B_20.jpg

そのままではかさばるので、DVB-T+DAB+FMを分解し、収納しやすいように、アンテナ線を直付けした。ケースを外した方が、放熱効果があると思われる。
ADS-B_21.jpg ADS-B_22.jpg ADS-B_23.jpg

アンテナ取り付け金具も流用。
ADS-B_24.jpg 

すべり止め防止で、スポンジを巻いた。
ADS-B_25.jpg

ADS-B_26.jpg

一応、完成である。
ADS-B_27.jpg

パイプの大きいのが無かったので、受信機を収納するイメージです。アンテナポール下部に太めのパイプをつなぎ、その中に受信機を収納し、USBで接続する予定です。
ADS-B_28.jpg

受信部はビニル袋で巻き簡易防水し、コリニアアンテナを仮設置してみました。
ADS-B_29.jpg

沖縄本島より、約400km先の飛行機の信号が受信できました。
ADS-B_30.jpg


受信部をパイプに収納し、防水処理すれば、アンテナ作成完了です。





後日、アンテナの再設置を行なった。
ADS-B受信0912_01

アンテナポール内に受信機を設置予定だったが、アンテナ直下のBOXに入れることにした。前回と受信に変化があれば戻す予定で、アンテナ線を直付けをコネクタ接続に戻してみた。
ADS-B受信0912_02

プラボックスを近くのDIYセンターにて購入した。
ADS-B受信0912_03

ケーブルの接続口に使うためパッキンも同時に購入。
ADS-B受信0912_04 ADS-B受信0912_05

BOX内に、受信機を収納。
ADS-B受信0912_06

防水処理もしっかり行なう。
ADS-B受信0912_07

コリニアアンテナ製作、完了である。
ADS-B受信0912_08

アンテナ下にBOXを付けたので、前回の仮設置場所ではなく、若干低いがBOXを固定しやすい場所にコリニアアンテナを設置した。
ADS-B受信0912_09

屋上からは、慶良間諸島が遠くに望める。
ADS-B受信0912_10


さっそく受信を開始してみた。
ADS-B受信0912_11 

前回と同じく400km先の信号が受信できた。よって、アンテナの接続は、コネクタ接続で変更無し。
ADS-B受信0912_12

ADSBscopeには、サーバー機能が付いている。
ADS-B受信0912_13

サーバーにチェックを入れ、ローカルアドレスを入力して、クライアントにチェックを入れると、部屋のどこでも、無線LANなど接続してあると、ADS-Bが、受信できる。
ADS-B受信0912_14

サークルの距離表示は、km表示なので、航空関連の距離で使用されている、NMへ変更した。
ADS-B_km.jpg

外周までの距離は250NMである。
ADS-B_NM.jpg

後、画面の色も変えてみた。どこかに設定があるかもしれないが、AircraftのアイコンColor変更項目は見つからなかった。
ADS-B_colrs.jpg


1090MHzは、ケーブルでの信号減衰がすごいので、太いケーブル、短くが鉄則です。ケーブルも高価なので、今回は、アンテナ近くに受信機を持って行き、USBケーブルを延長するという方法をとりました。
この、方法だと、かなり安価にできました。
中継付きUSB延長ケーブルを使うと、15mぐらいできるかもしれません。

コーリニアアンテナの製作の情報は、「同軸ケーブル」「コリニアアンテナ」「1200MHz」のキーワードで
検索すれば、かなり見つかると思います。
スポンサーサイト

【2013/09/08 21:38】 | 無線
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可