FC2ブログ
Happy Clover 南西 USBハブをスマホ充電器に改造
趣味の写真や日々の事を綴っています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBの規格が、USB1.1と転送スピードも遅いので、ほとんど使っていない、USBハブがまだ、いくつか手元にある。これから使うことはほとんどないので、押し入れで寝かしているか、廃棄処分にした方もいると思う。
今回、これを充電器として再利用する。
USB080101.jpg


今までの改造では、電源アダプター部分だけを使い、コードにUSBケーブルを加工して付け、充電器として使ったが、今度は、USBのハブの部分も使い、スマホの充電をできる充電器に改造した。

出力は5V,2.1Aである。
USB080102.jpg

早速分解した。
USB080103.jpg

途中の行程は省いてあるが、電源コードをつないだ時、LEDが点灯しないので、USBの+へ電源の供給と、信号部の短絡を行なった。
USB080104.jpg

○の部分に、USBケーブルが半田付けされていたが、いらないので取り外した。使用したのは、+の電源供給を受けるところだけ。
USB080105.jpg

USBのメス側の端子部分。○の部分は、信号側で、ココを短絡する。回路側とフローティングする為、さらに-のところのパターンをカットする。
写真は、短絡とカットをした後である。
USB080106.jpg

改造を終え、充電ランプが点灯するか、スマホの充電確認。
USB080107.jpg


さらに、もう一台あったので、ついでに改造した。
USB080108.jpg USB080109.jpg


このUSBハブも、4口である。
USB080110.jpg

USBのメスの部分で、改造をまだ加えていない前である。
USB080111.jpg

前回と同様に、信号部分の短絡と、パターンカットを行なった。今回、LEDへの電源供給は、行なわなかった。
USB080112.jpg

元に、戻すまえに、充電確認。
USB080113.jpg

出力5V、2.5A
USB080114.jpg


今回、改造した充電器で、iPhoneが充電できるか確認。
USB080116.jpg USB080117.jpg

2台とも、iPhoneが充電できるのを確認した。
USB080118.jpg

出力が2Aもあるので、iPadやタブレット、複数のスマホ同時充電もできるかもしれません。
同様な改造を試みる場合は、自己責任で行なってください。
スポンサーサイト

【2013/09/01 22:26】 | 電話
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。