Happy Clover 南西 スマートフォン用充電器製作・(改造)
趣味の写真や日々の事を綴っています
1.USBハブ用電源改造


使用していない、4ポートUSBハブがある。規格がUSB1.1なので、これからも使う事は無い。
usbhub01.jpg


電源アダプターの出力電圧は、5Vである。注意書きで、「他の機器に接続しないこと」と記載してある。ここに記載してある改造は、すべて自己責任で。
usbhub02.jpg


電圧を測定してみた。
usbhub03.jpg


Optimus LTE L-01Dに付属の電源アダプターである。
usbhub04.jpg

これも、電圧を測定した。USBハブの電源アダプターと同じである。スマホもUSBハブ経由で充電に使用することもあるので、USBハブ用の電源アダプターも、充電用電源としては使用可である。
usbhub05.jpg


100円ショップにて、USB延長ケーブルを購入。
usbhub06.jpg

さっそく、USB延長ケーブルを切断して、処理を行なう。
usbhub07.jpg

被覆をはがして、電源と信号ケーブルを確認。
usbhub08.jpg usbhub09.jpg

信号線の箇所を短絡する。赤色ケーブルを、電源アダプターの(+)へ、黒色ケーブルを(-)へ接続。
usbhub10.jpg

ハンダ付け、テーピング処理をして完成。USB端子に、各変換ケーブルを差し込んで使用する。
usbhub11.jpg

左は、Apple用、右はスマートフォン用。
usbhub12.jpg



2.ZIPドライブ用電源アダプター


これも、昔使用していた物であるが、ほとんど使用することも無い。このドライブは数台あるので、電源アダプターもいくつかある。これを使用して、スマートフォン・携帯電話用充電器を作製する。(製作前に電圧はテスターにて確認済だが、USBバブ用電源アダプターと違い、使用例は無いと思う。)

zip01.jpg

左が、ZIPドライブ用電源アダプタ、右が携帯電話用充電アダプタ。
zip02.jpg

携帯電話用充電器の端子は、ネジで固定されており、分解できそうである。電流は600mA。
zip03.jpg zip04.jpg

分解し、ハンダ付けし、ホットボンドで固定して終了、電流は1A。
zip06.jpg

各、変換電源アダプタ(すべて、100円ショップにて購入)を接続して、スマートフォン、iPhone等に対応。
zip07.jpg


3.ZIPドライブ用電源改造


あと1個作った。電源アダプターがZIP用電源アダプターということで、上記の、USBハブ用電源アダプターと行程は同じである。
zip08.jpg zip09.jpg




スポンサーサイト

【2012/10/12 17:26】 | 電話
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可